« 麻酔っていうやつは | Main | 中電病院発,庄原経由,東区行き »

March 18, 2010

産声の意味

 

赤ちゃんが初めて自分の肺で呼吸をする瞬間,それが産声で,自らが呼吸をして生きていくための準備が整った瞬間というのが,医学的な説明。
 助産師さんが取り上げた後,いろいろ呼吸をするように促して,少しして産声を上げたわが子。
 生まれた瞬間にホッしたのと,助産師さんが処置している間,とにかく早く顔が見たいと思った。

 病室に戻って,嫁とニュースを見ていて,口には出さなかったのだが「大変な世の中に生まれてきたねぇ。お前も大変だな。」と正直思った。

”赤ちゃんは手の平を握り締めて生まれ産声を上げる時にはその手の平を広げる。 それはこの世に生まれてくる時に握り締めていたたくさんの夢や希望を一斉に手放す瞬間。
 産声は生まれた喜びと夢と希望を手放してしまった絶望だとか。その瞬間から手放した夢と希望をもう一度掴む為に苦しくても悲しくても生きていくことを宿命付けられていく”
 このような解釈もあるらしい。

 

« 麻酔っていうやつは | Main | 中電病院発,庄原経由,東区行き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

おめでとうございます♪

春、3月に生まれた女の子、それだけでうっとりしちゃいます。
あゔぁんさんの嬉しそうな、誇らしそうな様子が伝わってきます。

これから、なが~い子育てですね。
終わってみれば短いのかしら?
私もまだ終わらないので、それはわかりません。

まだ子育て途中の私ですが
子育てって楽しいです。
一瞬一瞬を切り取ると楽しい事ばかりではなく
最近はプンスカしていることのほうが多いかもしれませんが
振り返ってみれば「子育て=究極の娯楽?」と思います。

これから奥様と子育て期間をたっぷり楽しんでくださいね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48005/47846511

Listed below are links to weblogs that reference 産声の意味:

« 麻酔っていうやつは | Main | 中電病院発,庄原経由,東区行き »