« February 2010 | Main | April 2010 »

March 18, 2010

産声の意味

 

赤ちゃんが初めて自分の肺で呼吸をする瞬間,それが産声で,自らが呼吸をして生きていくための準備が整った瞬間というのが,医学的な説明。
 助産師さんが取り上げた後,いろいろ呼吸をするように促して,少しして産声を上げたわが子。
 生まれた瞬間にホッしたのと,助産師さんが処置している間,とにかく早く顔が見たいと思った。

 病室に戻って,嫁とニュースを見ていて,口には出さなかったのだが「大変な世の中に生まれてきたねぇ。お前も大変だな。」と正直思った。

”赤ちゃんは手の平を握り締めて生まれ産声を上げる時にはその手の平を広げる。 それはこの世に生まれてくる時に握り締めていたたくさんの夢や希望を一斉に手放す瞬間。
 産声は生まれた喜びと夢と希望を手放してしまった絶望だとか。その瞬間から手放した夢と希望をもう一度掴む為に苦しくても悲しくても生きていくことを宿命付けられていく”
 このような解釈もあるらしい。

 

麻酔っていうやつは

 カンガルーケアというのをやった。
 嫁が生まれたばかりの子供を抱いている時間帯,よく考えたら,縫合手術中なんだよな。

やっと生まれた。

 守るべきものが,またひとつ出来た。
 今日10時45分に女の子が生まれた。母子とも健康。

 40手前ぎりぎりのところで人の親になったわけだが,いまいち実感が沸かない。

 ただ,手術室へ付き添いで,かなり緊張。帝王切開だったので,手術が始まってからはたわいもない会話をしながら,40分くらいで出産。意外にあっけなかった。感動というより「えっ?」という感じ。
 手術室を出て,なったばかりのジジババに子供が囲まれた瞬間にじわっと来た。

 明日から連休。独身生活と病院往復の生活。

March 07, 2010

今日が最初。

 

C_img_2882 で,帰って来ました。新車の香りが...。
 3cm幅が広いだけなのに,かなり広く感じる。色のせいだろう。
 しかし,駐車スペースに真っ直ぐに停められないわ,ブレーキやシフトの操作はぎこちないわ,細い道は通らないわで,試乗車の気分。
 さらに,駐車場の隣の車のドアが気になり(ここ数年ほとんど気にしなかった,スライドじゃないミニバンと年式の古い車の隣は特に),今日はぐったり疲れた。
 花束は納車記念でディーラーから。

何か貰えるのかと思ったら。

 今日は納車の日。

 使えなくなったスタッドレスやら,購入当時に外したコンポなどを積み込み,98年式のラストラン。
 98年式引き渡し関係の書類と,納品引き渡しの書類にサインをしたところで,  黒い箱を渡された。

C_img_3_2




 

 ノベルティだと思っていたら...鍵だった。
 引き渡し専用のスペースといい,凝っています。
 12年前もディーラーに取りに行ったけど,整備工場の横で
「はいっ。」って感じだったので。
C_img_3

March 06, 2010

明日が最終日

C_img_2881_2  1998年7月16日登録の我がaudi A3 1.8T。
 いかんせん,2枚ドアではどうしようもなくなり,ついに明日が最終日。

 11年7ヶ月と98,000km。人並み車並みにいろいろありましたが,購入前の心配をいい意味で裏切って致命的な故障もなく,燃費も納得できる範囲内,走行は申し分なく。
 とてもいい車でした。ありがとう。
 さようなら。

 

March 03, 2010

ひな祭り

C_img_0005  ひな祭りの今日。
 帰るメールを打つと,「ひな祭りなので何か買ってこい」という返信。
 で,多津瀬の生菓子と抹茶。

« February 2010 | Main | April 2010 »