« August 2008 | Main | October 2008 »

September 23, 2008

市民球場前

S_sn370034 市民球場での試合も,日本シリーズを除けばあと数試合。
 巨人戦しかも休みとあって,2時間前からこの状態。
 結局,3万人が入場して,きちんと数字を取り始めてからは過去最高らしい。
 いつもこうなら,貧乏球団じゃないのに。
結局試合は引き分けた。
 裏でサンフレッチェ広島がJ1昇格。今年が異常なのであって,本来いるべきポジションに戻っただけだと思っているから,当然。

September 22, 2008

石見銀山遺跡

S_img_2526 S_img_2552 休みの谷間とはいえ,さすがに世界遺産。人は多い。
 これが休みだったら,駐車場は入場待ち,バスも乗車待ちだったかも。
 数年前まで何もなかったのに,世界遺産になったとたんに人が押し寄せたってのが,すぐわかる。昔からの観光地だった,宮島とかとは明らかに違う。
 確かに普通の民家の前を人がぞろぞろ歩くだけでも,気にはなるだろう。
 遺産もシンボルのようなものがなく,昔,人が生活していた痕跡がまさに遺跡として残っているだけあって,地味。
 事前に少し勉強すると見落としていたものが見えてきそうな感じがするS_img_2540
S_img_2547

September 16, 2008

名月

Img_0079 Img_0082 昨日は完全に曇りで,月は見えなかったが,今日は雲一つなく。
 ふと思い立って団子を購入。事故米使ってなきゃいいけど。

September 13, 2008

古いporterのカバン

S_sn370031 もういつ買ったのか覚えていないが,恐らく就活の時に鳥取で買ったのではないかと思われる吉田カバンのブリーフケース。ということは15年前くらいに買ったのだろう。
 買ってから庄原に行くまでは通勤カバンとしてメインで使い,庄原に行ってからは事務所置きのカバンとして使い,広島に戻るとまた通勤カバンとして使っていた。
 中がゴム引きになっているので,雨の日も全然平気で,少しボロくなった頃から気軽に使えていたのだが,古くなって来たのと,習い事を始めて入れるモノが増えたためか,型が崩れて来た。先日ついに縫い目の部分がほつれてしまった。
 あまり,力のかかりそうな部分じゃないんだけど。

 そろそろ買い替えようと思っていたからかも知れない。長年使っていたモノ,特に電気製品なんかでも,買い替えようとすると使っている人が困る絶妙なタイミングで壊れますから。

 この程度のほつれなら使うのに困らないので,気に入ったのが見つかるまで,このまま使うとする。

September 09, 2008

そうだ,京都へ行こう。

 という,JR東海のキャッチコピーが昔あったが,茶道の支部の恒例の旅行で京都へ。たぶん,京都は小学校の修学旅行で金閣と太秦映画村に行って以来,3度目。
 伏見から,御家元邸東本願寺を回って西陣へ。
 転居しても三次の支部に属したままなので,一度三次に行き,そこからチャーターバスで中国道と名神を。1泊2日でとても疲れた。

September 03, 2008

なか卯とキン肉マン

S_sn370030  小学校のとき,ゆでたまごの名作「キン肉マン」が大流行。
 そのとき,キン肉マンの好物は「吉野家」の牛丼で,彼は歌まで歌っていた。
 当時吉野家が全国展開をまだしていなかった地方の小学生にはちょっと憧れのようにも映っていたのだが。
 20年もたてば,コラボレーションの相手は吉野屋から「なか卯」になっていた。

秋の空

S_sn370029 今朝見上げたら秋の空だった。
 さすがに,朝晩は半袖で全く暑くなくてちょうどよい。ずっとこのままならよいのだが...。

September 01, 2008

出雲湯村温泉の河原温泉

S_img_0010_2  先日の雨で水没。

海潮温泉の湯

S_img_0005 かけ流し。
 もったいないくらい,どどーっと注がれている。
 湯は微妙に熱い感じ。泉質には詳しくは無いのだが,出雲湯村温泉より尖った感じがする。

海潮温泉の湯

S_img_0005 かけ流し。
 もったいないくらい,どどーっつと注がれている。
 湯は微妙に熱い感じ。泉質には詳しくは無いのだが,出雲湯村温泉より尖った感じがする。

海潮温泉

S_img_0008 S_img_0007 高野から和南原を抜けて三成を通り農免を通って海潮温泉「かじか荘」へ。
 進入口が極めて狭く,壁に車を擦らないように気をつけながら到着。
 200円を料金箱に入れて「済」の判を押して風呂へ。
 町営だが「利用者の管理にゆだねられている」って。だから,無人なのか。
 田舎の集会所然とした感じ。

りんご畑

S_img_0003 S_img_0001 高野の農家レストラン。りんご畑。
 テレビや新聞,タウン情報誌でもかなり出てたし。実はかなり有名な店らしい。
 庄原に住んでいた時は平日にご飯を食べに行ったが,休日は初めてで,バイキングのみ。
 入れ替わり立ち代わりお客さんが来る。年間に1万人も来る農家レストランだとか。
 ほとんどが野菜や保存されていた山菜なのにメニューは驚くほど豊富。さらに野菜の天ぷらが次々揚がってくる。
 1,500円の価格は高野では高いけど,あのバラエティなら費用対効果も高い。
 ただ,一工夫があるにせよ,実は地元の人がずっと食べて来た料理なのかも。
 肉っ気が全くといってよいほどないので,おばちゃんも「早くお腹がすくだろうから,しっかり食べてね」って言われて,ワシワシ食べていたら,食べ過ぎた。
 漬物がうまかった。
 祖母の家のご飯みたいだった(笑)

« August 2008 | Main | October 2008 »