« 花粉症と私 | Main | ついに花粉が »

March 05, 2005

博多のラーメンと有名店の一考察

 出張の帰りに福岡でラーメンを食べて帰った。泊まりはいつも、ハイアットリージェンシー福岡。グランドハイアットまではなかなか。
 福岡で必ず行くのは天神の「一蘭」、屋台「しんきろう」、岩田屋新館「The conran shop」。
 広島のお好み焼きも同じで、ネットとかで検索すると、よく「地元の人間はいかない」有名店というのがあるが、「一蘭」もその一つだと思う。
 しかし、福岡におけるあゔぁんは観光客なので、ひどくボラれるのはどうかと思うが、そうでないなら、何のガイドブックや芸能人もテレビも来たことないとこにいっても、「思い出づくり」的には逆に効果不十分というか、その地方のスタンダードな味と価格であればなんら問題ないと思うわけで。そういう、「地元密着」的な店ってのは、地元の人しか行かないから、それはそれで良いのじゃないかと。有名になったら困ることもあるでしょ?
 
050305_123101050305_122301 で、今回は警固2丁目の「秀ちゃんラーメン」(お好み焼き屋と同じ名前だ!)にも行ってみた。ここも有名ですな。福岡の友人に教えてもらった。リバレインから延々歩き、店の前で正午の開店10分前に到着。隣の客は川崎から来たそうだ。スープは食べている最中はこってり感が強く、食べ終わるとそんなでもない感じ。あまり熱くなかった。麺は極太もあるようだが、基本は非常に細く、スープにこってり感がなければ、替え玉をしたくなる感じ。店内はJazzyな音楽が流れていたが、芸能人のサインと写真がミスマッチな気がした。


 市役所横の屋台「しんきろう」(ここもいわゆる有名店?)。いつもは屋台が5、6軒並んでいたような気がしていたが、土曜の夜にも関わらず2軒しかなく、そこに「しんきろう」はなかった。今回は「しんきろう」に行くために福岡に立ち寄ったようなものだったのだが。

050305_124901 「The conran shop」は国内には東京と福岡にしかないですから。余り買えるものはありませんが。

« 花粉症と私 | Main | ついに花粉が »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48005/3182665

Listed below are links to weblogs that reference 博多のラーメンと有名店の一考察:

« 花粉症と私 | Main | ついに花粉が »